User:
Pass:
Keep:   
Xoops Cube Project
XOOPS Cube Project Site
Powered by Google


Powered by XOOPS Cube Legacy 2.1.8
PukiWikiMod 1.5.1
WordPress Module 0.6.0 Alpha

logo

WEBリンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (2)  |  相互リンクサイト (0)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (4)  |  RSS/ATOM 記事 (472)  |  ランダムジャンプ  

メイン  arrow  その他

訪問   合唱メモランダム 人気サイト おすすめサイト    atom 最終更新日 2014-12-2 16:07
カテゴリ  その他
説明
所属している合唱団用に作成した原稿や資料の置き場です。
書かれている内容がすべて正しいという保証は全くありません。

ヒット数: 113   評価: 0.00 (投票数 0 )
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)  |  ATOM

ATOM feed   atom  最終更新日 2019-12-14 22:11

ブラームス「ドイツ・レクイエム」対訳 (2019-12-11 20:44)
2019年12月8日開催 第31回松戸市民コンサート @森のホール21 プログラム掲載用
もっと読む(詳細はこちら)
ブラームス「ドイツ・レクイエム」 (2019-12-11 19:04)
ドイツ・レクイエム」は、ヨハネス・ブラームス(1833〜1897年)が作曲した、オーケストラと合唱、ソプラノとバリトンの独唱からなる宗教曲作品です。レクイエムとはカトリック教会の葬儀で、死者の安息を神に祈るラテン語の典礼ミサ祈祷文に音楽がつけられたものを指します。歌詞が「Requiem aeternam(永遠の安息を・・)」で始まることからこの名がついていますが、この「ドイツ・レクイエム」は、その曲名のとおりにドイツ語の歌詞がつけられた作品になっています。
もっと読む(詳細はこちら)
男声合唱による10のメルヘン『愛する歌』 (2019-8-2 8:20)
「それいけ!アンパンマン」の生みの親として知られている、やなせたかし(1919〜2013)は、「アンパンマン」がヒットした時にはすでに70歳目前という、本人曰く「小器晩成」の漫画家です。当作のヒット以前には「手のひらを太陽に(1962年)」の作詩などで詩人として注目され、当時に書きためていた詩をまとめた詩集「愛する歌」第1 〜 5集の出版によって、本職の漫画家よりも詩とその挿絵イラストを書く人として広く知られている時代が長く続きました。
もっと読む(詳細はこちら)
グノー「第2ミサ」 (2019-8-2 8:10)
シャルル・フランソワ・グノー(Charles François Gounod : 1818-1893)は、19世紀中期〜末に活躍したフランスの作曲家で、ゲーテの劇詩を題材にしたオペラ《ファウスト》が一番の代表作として知られています。少年時代から音楽の才能を発揮しパリ音楽院で作曲などを学びました。その後、ローマへの留学をきっかけとしてキリスト教に傾倒して聖職者を真剣に目指したこともあり、数多くの宗教曲も遺しています。J.S.バッハの平均律クラヴィーア曲集の《前奏曲 第1番 ハ長調》を伴奏として取り入れた《グノーのアヴェ・マリア》として良く知られている声楽曲の原曲である《バッハの前奏曲第一番による瞑想曲》や《聖チェチーリアのための荘厳ミサ曲》などによって、グノーの名前は次第に知られるようになりました。
もっと読む(詳細はこちら)
カルミナ・ブラーナ (2018-5-21 19:48)
いきなり、「ドーン!」というコントラバス、チューバ、ティンパニーなど低音楽器による爆発音のような衝撃の直後に、「O Fortuna」との密集和音が鳴り響く大合唱は、最近は映画やテレビの番組およびCMなどで毎日のように数多く使用され、効果音的なサウンドとして多くの人に聞き馴染みのあるフレーズとなり、この曲がドイツの作曲家カール・オルフの作品「カルミナ・ブラーナ」の中の1曲であることも、今ではかなり有名になっている。

もっと読む(詳細はこちら)
ヴェルディ 「レクイエム」 逐語訳・発音資料 (2018-5-21 19:45)
2015年 松戸市民コンサート合唱団配布資料(合唱部分のみの逐語訳・発音) (スマートフォンの縦画面表示では、横幅が足りません)
もっと読む(詳細はこちら)
ヴェルディ 「レクイエム」 (2018-5-21 19:45)

前回の第26回市民コンサート(2014年12月開催)でのモーツァルト作曲の「レクイエム K626 ニ短調」に引き続いて、今回の市民コンサートではヴェルディ作曲の「レクイエム(Messa Da Requiem)」を取り上げることにしました。フォーレ作曲の「レクイエム ニ短調 作品48」を加えて「三大レクイエム」と呼ばれていますが、その中でも本作はオペラを中心に作曲してきたヴェルディならではのドラマチックな楽曲という特徴から、現在も映画やテレビなどでさまざまな場面に利用されています。

「レクイエム」は、ローマ・カソリック教会において死者の安息を神に祈るための儀式「死者のためのミサ」の式次第の俗称です。 ミサの最初の言葉が"Requiem"で始まり死者の安息を主に願う"dona eis requiem"という祈りの文句が随所に現れることから、そのミサで演奏するミサ曲のことも「レクイエム」と呼ばれるようになりました。

もっと読む(詳細はこちら)
ヴェルディ 「レクイエム」 対訳 (2018-5-21 19:45)
2016年1月31日開催 第27回松戸市民コンサート @森のホール21 プログラム掲載用 もっと読む(詳細はこちら)
モーツァルト 「レクイエム」 逐語訳・発音資料 (2018-5-21 19:45)
2014年 松戸市民コンサート合唱団配布資料(合唱部分のみの逐語訳・発音)
(スマートフォンの縦画面表示では、横幅が足りません)
もっと読む(詳細はこちら)
モーツァルト 「レクイエム」 (2018-5-21 19:45)
クラシック音楽に親しまれている方の多くには「モツレク」という通称で通じ、ヴェルディ、フォーレの作品を合わせた「三大レクイエム」の中でも、さまざまなBGMなどで日頃から耳にする機会が一番多いのが、モーツァルト(1756-1791)作曲の「レクイエム K626 ニ短調」です。
モーツァルトが病の床に伏せりながらも、自らに与えられた最期の務めであり、自身のためのレクイエムでもあるとの想いから、ひたすらに作曲を続けたすえに35歳の若さで没して未完の遺作となったこの「モツレク」。これまでに、200以上の死因説と共にさまざまなエピソードが語られ、映画の題材にもなるぐらいに有名となっています。
もっと読む(詳細はこちら)
モーツァルト 「レクイエム」 対訳 (2018-5-21 19:45)
2014年12月14日開催 第26回松戸市民コンサート @森のホール21 プログラム掲載用

もっと読む(詳細はこちら)
フォーレ「レクイエム」逐語訳・発音資料 (2018-5-21 19:45)
2017年 第29回松戸市民コンサート合唱団配布資料(合唱部分のみの逐語訳・発音)
(スマートフォンの縦画面表示では、横幅が足りません)
もっと読む(詳細はこちら)
フォーレ「レクイエム」対訳 (2018-5-21 19:45)
2017年12月17日開催 第29回松戸市民コンサート @森のホール21 プログラム掲載用
もっと読む(詳細はこちら)
フォーレ「レクイエム」 (2018-5-21 19:45)
フォーレ作曲の「レクイエム ニ短調 作品48」は、三大レクイエムの一つとして、モーツアルトおよびヴェルディが作曲したレクイエムと共に広く知られています。
「レクイエム」は、ローマ・カソリック教会において死者の安息を神に祈るための儀式「死者のためのミサ」の式次第の俗称です。 ミサの最初の言葉が"Requiem"で始まり死者の安息を主に願う"dona eis requiem"という祈りの文句が随所に現れることから、そのミサで演奏するミサ曲のことも「レクイエム」と呼ばれるようになりました。
もっと読む(詳細はこちら)
男声合唱のための「マザー・グースのうた」 (2018-1-16 14:57)
「マザー・グース」は日本の「わらべ唄」に相当するイギリスの「伝承童謡」の総称として広く知られていますが、この直訳すると「がちょうおばさん」という一風変わった総称は、元々はフランスの詩人シャルルペローによる子供向け童話集の英訳本が「Mother Goose's Tales」というタイトルで出版されたことが発端となっているそうです。「メリーさんの羊」「きらきら星の」「ロンドン橋落ちた」のようにそのまま童謡として、メロディーと共に伝承されている詩や、なぞなぞ、早口言葉などいまでは言葉だけが残っている物も含めると、総数は1000篇以上にもなるそうです。
もっと読む(詳細はこちら)
男声合唱曲「遥かなるロシアの大地」 (2018-1-16 14:55)
男声合唱曲「遥かなるロシアの大地 〜ロシア音楽メドレー〜」は、文字どおり、ロシア由来の楽曲を合唱指揮者でもある青木雅也が集めてメドレー曲として編曲した男声合唱曲です。曲中の断片として聞こえてくるさまざまなメロディーは、ある世代以上の方々であれば、必ず耳にしたことのあるものばかりだと思います。

もっと読む(詳細はこちら)
カルミナ・ブラーナ 逐語訳・発音資料 (2017-6-13 10:23)
2011年 松戸市民コンサート合唱団配布資料(第2部と第3部の前半は省略)
(スマートフォンの縦画面表示では、横幅が足りません)
- 2017.06.13 :演奏会プログラム用対訳用に見直した訳文に一部おきかえました。


もっと読む(詳細はこちら)
「カルミナ・ブラーナ」 In taberna 暗譜用資料 (2017-5-27 11:18)
2011年 松戸市民コンサート合唱団男声配布資料
もっと読む(詳細はこちら)
ベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」逐語訳・発音資料 (2017-5-27 9:36)
2016年 第28回松戸市民コンサート合唱団配布資料(合唱部分のみの逐語訳・発音) (スマートフォンの縦画面表示では、横幅が足りません)
もっと読む(詳細はこちら)
ベートーヴェン 「ミサ・ソレムニス」 対訳 (2017-5-26 21:42)
2016年12月25日開催 第28回松戸市民コンサート @森のホール21 プログラム掲載用 もっと読む(詳細はこちら)
ベートーヴェン 「ミサ・ソレムニス」 (2017-5-26 21:32)
「ミサ・ソレムニス」、日本では「荘厳ミサ」とも呼ばれていますが、本来は教会の主日や記念日に執り行われる典礼のうち、聖書朗読以外の全ての部分を歌う典礼(歌ミサ)の事を意味していました。時を経て、大規模な盛儀ミサで歌われるミサ曲の事を「ミサ・ソレムニス」と呼ぶようになりました。対する言葉としては、演奏の編成も小さく簡素な「ミサ・ブレヴィス」があります。
ベートーヴェン以外の作曲家も「ミサ・ソレムニス」を作曲していますが、日本での独特の略称である「ミサソレ」といえば、このベートーヴェンの作品といわれるぐらいに、突出した知名度を誇っています。
もっと読む(詳細はこちら)
歌劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 対訳 (2016-7-8 20:59)
2012年12月 松戸市民コンサート 合唱団配布対訳資料として作成
もっと読む(詳細はこちら)
Angel Carol対訳 (2016-7-8 20:28)
2015年9月7日開催、ユーフォニック合唱団定期演奏会@けやきホール プログラム掲載用

Angel Carol
もっと読む(詳細はこちら)
「イタリア世俗曲集」より 対訳 (2016-7-8 20:28)
2015年9月7日開催、ユーフォニック合唱団定期演奏会@けやきホール プログラム掲載用

「Da cosi dotta man」「Già fu chi m'ebbe cara」「Mentre il cuculo il suo cucu cantava」の3曲の対訳
もっと読む(詳細はこちら)
ペルゴレージ 「Stabat Mater」 逐語訳・発音資料 (2016-7-8 20:28)
2016年5月3日開催、女声合唱団コール・メイ定期演奏会@東京文化会館小ホール 練習配布用&プログラム掲載用
(合唱部分のみの逐語訳・発音) (スマートフォンの縦画面表示では、横幅が足りません)
もっと読む(詳細はこちら)
For the beauty of the earth対訳 (2016-7-8 20:28)
2015年9月7日開催、ユーフォニック合唱団定期演奏会@けやきホール プログラム掲載用

For the beauty of the earth

作詩:Folliott Sandford Pierpoint

もっと読む(詳細はこちら)
The Student Prince (学生王子) 対訳 (2016-7-8 20:23)
2010年7月 大阪男声合唱団 第10回定期演奏会 プログラム掲載用
もっと読む(詳細はこちら)
「ドイツ学生歌」について (2016-7-8 20:20)
「学生王子」冒頭の、”Gaudiamus igitur”は、日本では「ドイツ学生歌」として紹介されていますが、現在でもドイツに限らずヨーロッパ全土で良く歌われ親しまれている曲です。1287年にラテン語の詩をもとにボローニャの司教ストラーダが作曲したこの曲は、18世紀前半より学生達に歌われるようになり、1790年ごろには詩・曲ともに現在の形になったようです。
もっと読む(詳細はこちら)
男声合唱曲集「月下の一群」 (2016-7-8 20:19)
月下の一群は、1977年に南弘明が 広島市崇徳高校の委嘱によって、堀口大學によるフランス詩の翻訳詩集「月下の一群」より5つの詩を選んで作曲し男声合唱曲として発表されました。
フランス文学は日本近代文学に大きな影響を与え、詩においては明治以来、上田敏・永井荷風らによって訳詞集の出版がされてきました。「月下の一群」は外交官の父に従って若い頃よりヨーロッパ・中南米で過ごした経験を持つ堀口大學が訳して、書きためていたフランス詩を集めて、1925年に出版され、昭和初期の日本の詩に大きな影響を与えました。
もっと読む(詳細はこちら)
男声合唱曲「岬の墓」 (2016-7-8 20:15)
『岬の墓』は、堀田善衛が1963年の夏から秋にかけて蓼科高原にて書き下ろした詩に、團伊玖磨が混声合唱とピアノのために作曲し、八丈島の別荘の書斎で完成した作品です。同年11月には、第18回芸術祭合唱部門で、芸術祭賞・文部大臣賞を受けています。男声合唱版については、福永陽一郎が編曲を行ない、1975年5月に早稲田大学グリークラブが初演しています。
もっと読む(詳細はこちら)

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。