User:
Pass:
Keep:   
Xoops Cube Project
XOOPS Cube Project Site
Powered by Google


Powered by XOOPS Cube Legacy 2.1.8
PukiWikiMod 1.5.1
WordPress Module 0.6.0 Alpha
Home » PukiWiki(トップ) » XOOPS » 開発メモ » xoops_version.php
Counter: 13547, today: 2, yesterday: 7
<?php
// $Id: xoops_version.php.html,v 1.1 2004/06/08 09:02:18 0447 Exp $
//  ------------------------------------------------------------------------ //
//                XOOPS - PHP Content Management System                      //
//                    Copyright (c) 2000 XOOPS.org                           //
//                       <http://www.xoops.org/>                             //
//  ------------------------------------------------------------------------ //
//  This program is free software; you can redistribute it and/or modify     //
//  it under the terms of the GNU General Public License as published by     //
//  the Free Software Foundation; either version 2 of the License, or        //
//  (at your option) any later version.                                      //
//                                                                           //
//  You may not change or alter any portion of this comment or credits       //
//  of supporting developers from this source code or any supporting         //
//  source code which is considered copyrighted (c) material of the          //
//  original comment or credit authors.                                      //
//                                                                           //
//  This program is distributed in the hope that it will be useful,          //
//  but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of           //
//  MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the            //
//  GNU General Public License for more details.                             //
//                                                                           //
//  You should have received a copy of the GNU General Public License        //
//  along with this program; if not, write to the Free Software              //
//  Foundation, Inc., 59 Temple Place, Suite 330, Boston, MA  02111-1307 USA //
//  ------------------------------------------------------------------------ //
//
// ModSample0 xoops用モジュール記述ファイル
// xoops_version.php
// by nobunobu (http://www.kowa.org/)
//
//**************************************************************
//XOOPSモジュール全般の記述
//**************************************************************
//モジュールの名称
$modversion['name'] = _MI_MODSAMPLE0_NAME;
//モジュールのバージョン
$modversion['version'] = 0.01;
//モジュールの説明
$modversion['description'] = _MI_MODSAMPLE0_DESC;
//モジュールのクレジット標記
$modversion['credits'] = "Kowa.ORG";
//モジュールの作者名
$modversion['author'] = "nobunobu(http://www.kowa.org/)" ;
//
$modversion['help'] = "" ;
//モジュールのライセンス形態
$modversion['license'] = "GPL see LICENSE";
//XOOPSの公式モジュールかどうか(オリジナルモジュールは0)
$modversion['official'] = 0;
//管理者メニューで表示するアイコン
$modversion['image'] = "images/ModSample0_slogo.png";
//モジュールの配置ディレクトリ名
$modversion['dirname'] = "ModSample0";

//**************************************************************
//インストール関連
//**************************************************************
//モジュールのインストール時に使うSQLファイル名
// - phpMyAdminによって作成されたSQLファイルを推奨します。
// - SQLファイル内では、xoops_ などのような、XOOPSインストール時に
//   指定を行うプレフィックスは含んではいけません。
//$modversion['sqlfile']['mysql'] = "sql/mysql.sql";

//上記のSQLファイルで作成されるテーブル名
// - テーブル名には、xoops_ などのような、XOOPSインストール時に
//   指定を行うプレフィックスは含んではいけません。
//$modversion['tables'][0] = 'ModSample0_table';

//**************************************************************
//使用テンプレート定義
//**************************************************************
//$modversion['templates'][1] = array(
//  'file' => 'ModSample0_template1.html',
//  'description'] = '',
//);

//**************************************************************
//ブロック定義体
//**************************************************************
//$modversion['blocks'][1] = array(
//  'file'          => 'ModSample0_block1.php' ,
//  'name'          => _MI_MODSAMPLE0_BLOCK_BLOCK1 ,
//  'description'   => _MI_MODSAMPLE0_BLOCK_BLOCK1_DESC ,
//  'show_func'     => 'ModSample0_block1_show' ,
//  'edit_func'     => 'ModSample0_block1_edit' ,
//  'template'      => 'ModSample0_block1.html' ,
//  'options'       => '10|20'
//) ;
//
//Key:file
//ブロックを処理するPHPソースファイル名
// - ブロック処理のPHPソースファイルは、blocksディレクトリに
//   配置する事が前提となっています。
//
//Key:name
//ブロックの名称
//
//Key:description
//ブロックの説明
//
//Key:show_func
//ブロック表示関数名
// - fileパラメータで指定したPHPソース内の表示用関数を指定します。
//
//Key:edit_func
//ブロック設定オプション表示関数名
// - 管理者メニューのブロック管理で表示オプションを設定する必要が
//   ある場合に、そのオプション設定部分を表示するための関数名を
//   指定します。
// - ブロック管理で設定したオプションの値は、show_func及びedit_funcで
//   指定した関数のパラメータとしてarrayで渡されます。
//
//Key:template
//ブロック表示用テンプレートファイル名
// - ブロック表示にテンプレートを使用する場合にそのテンプレート
//   ファイル名を指定します。
// - ブロック表示用テンプレートファイルは、templates/blocksに
//   配置する事が前提となっています。
//
//Key:options
//ブロック設定オプションのデフォルト値
// - ブロック管理における表示オプションのデフォルト値を指定します。
// - オプションが複数種ある場合には、それぞれを'|'で区切って指定します。

//**************************************************************
//メインメニュー定義
//**************************************************************
//メインメニューにモジュールを表示する場合は1、表示しない場合は0
// - メインメニューに表示する場合、各メニューを選択すると、モジュールの
//   index.phpが呼び出されます。
$modversion['hasMain'] = 0;

//メインメニューの階層サブメニュー定義体
// - 階層サブメニュー表示が必要な場合に指定します。
//$modversion['sub'][1]=array(
//  'name' => _MI_MODSAMPLE0_SUBMENU1,
//  'url'  => "submenu1.php",
//);
//
//Key:name
//サブメニューの表示名
//
//Key:url
//サブメニューを選択した時に実行するURL
//
//機能によっては、権限等のチェックなどのロジックを含めて、
//サブメニューの表示非表示の切替を行ったり、サブメニューに
//表示する項目をDBより読み取ったりする場合もあります。

//**************************************************************
//検索機能定義
//**************************************************************
//XOOPSのキーワード検索機能の検索対象とする場合は1、しない場合は0
$modversion['hasSearch'] = 0;

//検索機能定義体
//$modversion['search'] = array(
//  'file' => "include/search.inc.php",
//  'func' => "ModSample0_search",
//);
//
//Key:file
//検索機能を処理するPHPソースファイル名
//
//Key:func
//検索処理関数名
// - fileパラメータで指定したPHPソース内の表示用関数を指定します。
// - XOOPSのキーワード検索が行われると、ここで指定された関数に、
//   検索文字列などがパラメータとして受けわたされます。

//**************************************************************
//コメント機能定義
//**************************************************************
//メインコンテンツに対するコメント投稿を許可する場合は1、しない場合は0
$modversion['hasComments'] = 0;

//コメント属性定義体
//$modversion['comments'] = array(
//  'itemName' => 'event_id',
//  'pageName' => 'index.php',
//  'callbackFile' => 'include/comment_functions.php',
//  'callback' => array(
//      'approve' => 'ModSample0_comments_approve',
//      'update' => 'ModSample0_comments_update',
//  ),
//);

//**************************************************************
//管理者メニュー関連
//**************************************************************
//管理者メニュー内での設定機能を持つ場合は1、持たない場合は0
$modversion['hasAdmin'] = 0;

//管理者メニューのアイコンを選択したときの初期画面用PHPファイル名
//$modversion['adminindex'] = "admin/index.php";

//管理者メニューのアイコンを選択したときのメニュー表示用PHPファイル名
//$modversion['adminmenu'] = "admin/menu.php";

//**************************************************************
//管理者メニュー一般設定関連
//**************************************************************
//管理者メニューでの設定画面を自動生成する場合は1
// - 設定画面の自動生成では、通常一般設定と呼ばれている設定画面に、
//   以下で設定した項目が追加表示されます。
$modversion['hasconfig'] = 0;

//設定オプションフィールド定義体
// - 一般設定に追加表示する項目の定義体
//$modvesion['config'][1] = array(
//  'name'          => 'ModSample0_field1' ,
//  'title'         => '_MI_MODSAMPLE0_FIELD1' ,
//  'description'   => '_MI_MODSAMPLE0_FIELD1_DESC' ,
//  'formtype'      => 'textbox' ,
//  'valuetype'     => 'text' ,
//  'default'       => 'DEFAULT' ,
//  'options'       => array(),
//);
//Key:name
// 設定オプションのキー名
// - グローバル変数 $xoopsModuleConfig[設定名称]にて、設定値が取得可能になります。
//
//Key:title
// 設定オプションの表示名称
// - 設定画面に表示されるオプション名称を指定します。
//
//Key:description
//設定オプションの説明
// - 設定画面に表示されるオプションの説明を指定します。
//
//Key:formtype
//設定オプションのデータ表示種別
// - 設定画面に表示されるオプションの値をどのようの表示するかの種別を指定します。
// - 以下の値が使用可能です。
//      textbox
//      textarea
//      select
//      select_multi
//      yesno
//      group
//      group_multi
//
//Key:valuetype
//設定オプションのデータタイプ
// - 以下の値が使用可能です。
//      int
//      text
//      float
//      array
//      other
// - formtypeでgroup_multiかselect_multiを指定した場合には、arrayを設定する必要があります。
//
//Key:default
// 設定オプションのデフォルト値
// - デフォルト値が無い場合には、設定不要です。
// - formtypeが 'yesno'の場合には、0(no)か1(yes)を指定します。
//
//Key:options
//設定オプションの選択項目一覧
// - formtypeが 'select'か'select_multi'の場合に、選択対象項目を格納したarrayを設定します
//   例 'options' => array(
//                    '_MI_OPT_AUTH_NONE'=>0 ,
//                    '_MI_OPT_AUTH_WAIT'=>1 ,
//                    '_MI_OPT_AUTH_POST'=>3 ,
//                    '_MI_OPT_AUTH_BYGROUP'=>256 ,
//       )

//**************************************************************
//イベント通知機能定義
//**************************************************************
//イベント通知機能を持つ場合は1、持たない場合は0
$modversion['hasNotification'] = 0;

//$modversion['notification']['lookup_file'] = 'include/notification.inc.php';
//$modversion['notification']['lookup_func'] = 'ModSample0_notify_iteminfo';

//イベントのカテゴリー定義
//$modversion['notification']['category'][1] = array(
//  'name' => 'global',
//  'title' => _MI_MODSAMPLE0_GLOBAL_NOTIFY,
//  'description' => _MI_MODSAMPLE0_GLOBAL_NOTIFYDSC,
//  'subscribe_from' => array(
//      'index.php',
//  ),
//  'item_name' => 'cid',
//  'allow_bookmark' => 0,
//);

//通知イベントの定義
//$modversion['notification']['event'][1] = array(
//  'name' => 'new_event',
//  'category' => 'global',
//  'title' => _MI_MODSAMPLE0_GLOBAL_NEWEVENT_NOTIFY,
//  'caption' => _MI_MODSAMPLE0_GLOBAL_NEWEVENT_NOTIFYCAP,
//  'description' => _MI_MODSAMPLE0_GLOBAL_NEWEVENT_NOTIFYDSC,
//  'mail_template' => 'global_newevent_notify',
//  'mail_subject' => _MI_MODSAMPLE0_GLOBAL_NEWEVENT_NOTIFYSBJ,
//);
?>

ページコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

トラックバック [ トラックバック(0) ]
トラックバック URL: http://www.kowa.org/modules/pukiwiki/tb/251